close

株主・投資家の皆様へ Online Report

※2021年12月更新

株主・投資家の皆様に向けた弊社の取り組みや活動内容を記載しています。過去のアニュアルレポート、株主通信もこちらに掲載しています。

代表メッセージ 「来るべきタイミングでの更なる飛躍を目指す」

営業利益の「黒字化」を達成

2022年3月期は、2つのミッションである「ライヴ市場の回復に依存しない収益構造の確立」と「グローバル市場・新たなテクノロジー市場への着手」を遂行し、中間期では3期ぶりとなる営業利益の黒字化を達成しました。


具体的には、新型コロナウイルス感染症の影響が減少したことで音楽事業を中心に事業活動が再開され、音楽パッケージやライヴを中心に伸長したことにより、売上高は463億4百万円(前年同期比35.1%増加)、営業利益は26億34百万円(前年同期は営業損失22億29百万円)、親会社株主に帰属する四半期純利益は16億12百万円(前年同期は親会社株主に帰属する四半期純損失32億89百万円)と増収増益となりました。

代表取締役社長CEO 黒岩 克巳
代表取締役社長CEO 黒岩 克巳

通期見通しと株主還元について

2022年3月期の通期見通しについては、当中間期までの業績が好調に推移したことにより、営業利益は30億円(期初予想10億円)、親会社株主に帰属する当期純利益18億円(期初予想0円)と上方修正しました。


株主還元については、連結配当性向35%以上、年間配当金の最低水準50円という配当方針を掲げており、当中間期の配当金を1株当たり25円とし、期末の配当金も25円(年間配当金1株当たり50円)とする予定です。

中長期ビジョン 「強いIPの創造」の実現を目指して

当社グループは、「Entertainment×Tech×Global」をキーワードに「強いIPの創造」の実現を目指しています。特にグローバル領域では、エンタテインメント市場のボーダレス化が加速しており、グローバルIPにとって魅力的な新しい市場が広がっています。

代表取締役社長CEO 黒岩 克巳
※ IPとは、”Intellectual Properties”の略で、知的財産のことを指します。エンタテインメント分野では、楽曲やアーティスト・タレント、アニメ・映像作品、ゲーム、キャラクター等がIPと呼ばれます。

この市場にチャレンジすべく、当社グループは、グローバル市場を目指す次世代アーティストの開発プロジェクトに取り組んでいます。「INTO1」のメンバーを輩出したボーイズグループ・プロジェクト「WARPs」は、アジアでの活躍を目指して注力してきたプロジェクトであり、新たなボーイズグループの創出に向け、オーディションの開催を予定しています。
また、今後デビューを控えているガールズグループ・プロジェクトでは、グローバルアーティストの開発において先行するK-POPの育成ノウハウをはじめ、世界基準のクリエイティヴも採用し、ワールドデビューに向け以前から体制を構築し取り組んでいます。今後も引き続き、グローバル市場にチャレンジし、近い将来世界で活躍できる次世代アーティストを創出したいと考えています。
また、2018年に設立したAvex USAでは、グローバル基準のクリエイティヴの強化に取り組んできました。クリエイティヴ・ハブであるスタジオ「Avex House」を軸に、次世代を担う新進気鋭のクリエイターをはじめ、伝説的クリエイター等、世界的なトッププロデューサーと専属出版契約を締結し、楽曲制作を行っています。最新のトピックスとしては、音楽出版専属作家達が、ジャスティン・ビーバー等のワールドクラスのアーティストへの提供楽曲を通して、2022年「第64回グラミー賞」に合計で10部門ノミネートされるという確かな成果も出ています。今後も、グローバル基準の楽曲をアーティストに安定供給する取組みを継続し、ヒット創出の確率を高めていきたいと考えています。


今後も当社グループは、国内市場で着実な成果を出すとともに、グローバル市場に連続性を持ってチャレンジすることで、「強いIPの創造」を実現し、中長期的な成長を目指してまいります。

音楽

レーベル:令和最高の初動枚数を記録

Snow Manの1stアルバム「Snow Mania S1」がオリコン週間アルバムランキング初登場1位(初週売上:84.1万枚)を獲得し、令和最高となる1stアルバムの初週売上枚数を記録しました。


なお、V6のラストアルバム「Very6 BEST」等の期待作品もリリースしています。

Snow Man
「Snow Mania S1」
(9/29発売)
V6
「Very6 BEST」
(10/26発売)
BE:FIRST
「Gifted.」
(11/3発売)
三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE
「BEST BROTHERS / THIS IS JSB」
(11/10発売)
CHANGMIN from 東方神起
「Human」
(12/8発売)

レーベル:サブスクヒットアーティストのシェア向上

Da-iCE「CITRUS」の1億回再生突破をはじめ、平井 大、Awesome City Clubの好調、BE:FIRSTのヒットを受けて、音楽配信が堅調に推移しています。また、インディーズで実績を持ち、新たにレーベルに加わった話題の新人アーティストである、あたらよ、Chilli Beans.にも活躍が期待されます。


今後もアーティスト発掘と楽曲提供を強化し、サブスクリプションチャートにおけるシェア向上を図っていきます。

Da-iCE
平井 大
Awesome City Club
BE:FIRST
あたらよ
Chilli Beans.

ライヴ:ライヴ市場全体の回復に期待

2022年3月期中間期において、大型のコンサートやイベントの開催については、新型コロナウイルス感染症の影響で、引き続き制限を受ける状況でしたが、比較的小規模なライヴを積極的に開催することや、各公演の利益体質を見直すことで、ライヴ単体での黒字化を達成しました。


今後も新型コロナウイルス感染症の状況を見ながら、 許容される範囲の中で、コンサートやイベントをお届けするとともに、海外アーティストの国内公演の再開等も視野に入れて、ライヴ市場全体の回復につなげていきたいと考えています。

浜崎あゆみ
「ayumi hamasaki ASIA
TOUR 2021-2022 A(ロゴ)
~23rd Monster~」
Da-iCE
「Da-iCE a-i contact TOUR 2021
-revenge-」
ハラミちゃん
「STREET PIANO in 日本武道館
~ハラミちゃん947日目のキセキ~」

マネジメント

女優・タレントたちが躍進

モデル・タレント・アクター等の分野では、NHK大河ドラマ「青天を衝け」や連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演の川栄李奈を筆頭に、テレビ東京「ひねくれ女のボッチ飯」で自身初主演となる地上波ドラマの主演を果たした飯豊まりえ、2021年上半期タレントCM起用社数ランキング タレント部門で2位にランクインし、日本テレビ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」のドラマ出演でも話題の生見愛瑠、腸活をキーワードに認知を拡大し、「味の素」等の広告にも起用された加治ひとみ等、さまざまな人材が各領域で活躍しています。


今後も次世代のモデル・タレント・アクターを発掘・育成していきます。

川栄李奈
NHK大河ドラマ「青天を衝け」出演に続き、
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に
ヒロインとして出演、国民的女優へ
飯豊まりえ
テレビ東京「ひねくれ女のボッチ飯」で初となる
地上波ドラマ主演を果たし、来期にはNHK連続テレビ小説
「ちむどんどん」の出演も決定
生見愛瑠
上半期CM起用ランキングタレント部門2位。
CanCam専属モデルとしてティーン層支持も絶大。
「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」の
ドラマ出演でも話題
加治ひとみ
「腸活」クイーンとして認知度急上昇中。
「味の素」等の広告にも起用

グローバル

エイベックス ・グループ所属アーティストがグローバルで活躍

「WARPs UP」のサンタ、リキマル、「INTERSECTION」のミカが所属している「INTO1」は、2021年4月のデビュー以降、グローバルブランドを含む大型タイアップに20社起用され、リリースした楽曲もテンセント・東京オリンピックの報道応援ソングに起用される等、アジアを代表するグローバルなボーイズグループとして急成長しています。


また、「INTERSECTION」のケーレンが中国を中心にグローバルで活躍しており、グローバルブランドの広告キャラクターを多数務め、トレンドアワード・アイドル部門の大賞を受賞する等、確固たる人気を獲得し、今後の活動にも注目が集まっています。

INTO1
サンタ
(WARPs UP)
リキマル
(WARPs UP)
ミカ
(INTERSECTION)
ケーレン
(INTERSECTION)

アニメ・映像

「ゾンビランドサガ リベンジ」、「マブラヴ オルタネイティヴ」の展開

2021年4月よりTVアニメ「ゾンビランドサガ リベンジ」が放送を開始し、発売したBlu-rayは、同時期に放送されたアニメのパッケージ作品売上で1位を獲得する等、前作に続き好評を得ることができました。また、エイベックス・グループ初となるアニメ制作の内製化を実現した「マブラヴ オルタネイティヴ」が2021年10月からスタートしました。この作品は国内の地上波放送に加え、映像配信プラットフォームのクランチロールを通じて、グローバルに展開しています。

©ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会
「ゾンビランドサガ リベンジ」
©aNCHOR / オルタネイティヴ第三計画
「マブラヴ オルタネイティヴ」

アニメ専門チャンネル「アニメタイムズ」の提供を開始

エイベックス・ピクチャーズ、講談社、集英社、小学館等14社からなるアニメタイムズ社が、2021年8月よりAmazon Prime Videoチャンネルにて、有料サービスのアニメ専門チャンネル「アニメタイムズ」の提供を開始しました。立ち上げから各アニメ媒体やユーザーからの反響も大きく、今後も視聴者や作品に寄り添ったサービスを目標に、注目作品を編成することで、会員登録者数の増加を目指していきます。

「アニメタイムズ」
話題の人気作品や懐かしい名作アニメ、約500タイトルをラインナップ

話題作品の映画化・劇場公開が決定

期待の若手クリエイターloundrawが監督を務め、マブラヴシリーズを手掛けたアニメスタジオFLAGSHIP LINEが制作する「サマーゴースト」が2021年11月より全国劇場公開されました。また、テレビドラマで話題となった「きのう何食べた?」の劇場版やSnow Manが主演する「おそ松さん」の実写映画化等、話題作品の映画化・劇場公開が決定しています。

Ⓒサマーゴースト
「サマーゴースト」
(2021年11月12日より全国劇場公開)
Ⓒ2021 劇場版「きのう何食べた?」製作委員会
Ⓒよしながふみ/講談社
劇場版「きのう何食べた?」
(2021年11月3日より全国劇場公開)
Ⓒ映画「おそ松さん」製作委員会2022
映画「おそ松さん」
(2022年3月25日より全国劇場公開)

関連情報

資料アーカイブ

以下のリンクから、「過去の株主向け報告書」、「過去のアニュアルレポート」をご覧いただけます。

アニュアルレポート

株主向け報告書

Get Adobe Acrobat Reader

PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、アイコンからダウンロードして下さい。

Recommend